投稿する/ログイン
<<前の記事 トップページ 次の記事>>
検証→「2011年の株式相場予想」







今日は12月30日。 

日本の株式市場も大納会を迎えました。


毎年、年のはじめにやってるその年の株式相場の予想ですが、

今年はその検証をするのもイヤになるくらい、ボロボロの一年でした、。



東日本大震災、超円高、欧州危機、タイの水害などなど、

悪い材料だらけで、ほとんどいいところなしの、まさに「論外相場」と言ったところでしょうか、。


株式市況が好転しないと、世の中明るくならないんですがね、、。


さて、気を取り直してとりあえず検証しときます。


年のはじめの予想はコレでした。



日経平均株価の、

高値予想は12800円(4月)⇒結果は10857円(2月)

安値予想は10300円(1月)⇒結果は8160円(11月)


どちらも約2000円ほど下でした。

昨年末の10200円台から2月まではいい感じできてたのですが、

3月の東日本大震災で状況は一変。

そのあとは前述の通り、、、。


大納会の終値は、8455円35銭。 

昨年末(10228円92銭)に比べ1773円57銭(17.3%)安と大幅に下落。

日経平均を年末ベースでみると、1982年以来じつに29年ぶりの安値

東電はもとより、パナソニックやソニーやトヨタなど、日本を代表する企業が

軒並み歴史的安値をつけ、「失われた30年」となってしまいました、、。



有望分野にあげていた「金融・証券株」もズタズタ、、。

三菱UFJ銀行25%下落、野村証券にいたってはなんと55%下落、、、。

金融大国のはずの日本、、明日は暗いです、、。

(ただ、地銀株は比較的堅調だったようですが、、)



といったわけで総悲観の真っただ中ではありますが、

超円高を利用しての海外企業のM&Aなど、

地道に新たな基盤を築いてる企業もあります。


来年こそ!明るい株式市場であってほしいものです。



検証というより、願望で締めてしまった今年の相場でした^^!)。





※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
「検証→「2011年の株式相場予想」(http://ibbfukuoka.yoka-yoka.jp/e790253.html)」

Posted by 廣田商事(株)・社長通信 2011.12.30 18:09:19
コメントを読む(0)トラックバックを読む(0) | コメントを書く
<<前の記事 トップページ 次の記事>>

コメント

トラックバック

トラックバックURL: http://ibb.comlog.jp/tb.cgi/965