投稿する/ログイン
<<前の記事 トップページ 次の記事>>
2019年「つながる100億の脳」


2019年 新年あけましておめでとうございます。

元旦、
福岡は雲の多い朝でしたが、雲の間からご来光を拝めました。





毎年、その年や将来を展望する言葉を表してる、日本経済新聞元旦の「見出し」。
今年の見出しは、

「つながる100億の脳」

テクノロジーの進歩が速度を増し、人類は2050年に

肉体や能力の限界を超える。幸福のあり方も根底から覆る未来。

岐路に立つ人類は新たな価値観を創り出すときに来ている。





遺伝子を操る技術が人類の夢だった「不老」の扉を開き、
AIの進歩が労働や学びの再定義へと駆り立てる。
そして人間と機械の境界も崩れる、、。

このスピードで進化していくと人類はいったいどうなるのだろう、と不安になります。
しかし、日進月歩だろうと秒進分歩だろうと、一人の人間にとって一日24時間なのは変わりません。

進化する技術を活用しながらも焦らず一日一日を大切にし、
そして、歩みを止めることなく一歩ずつ前に進んでいきたいと思います。




2019年、皆様のご多幸を祈念しています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!



※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
「2019年「つながる100億の脳」(http://ibbfukuoka.yoka-yoka.jp/e2060264.html)」

Posted by 廣田商事(株)・社長通信 2019.01.01 11:12:07
コメントを読む(0)トラックバックを読む(0) | コメントを書く
<<前の記事 トップページ 次の記事>>

コメント

トラックバック

トラックバックURL: http://ibb.comlog.jp/tb.cgi/8089