投稿する/ログイン
<<前の記事 トップページ 次の記事>>
2013年のアルバム

12月31日、大晦日。  

今年、日本は久しぶりに明るい年の瀬を迎えた感ありますね。

日本にとってとても大事な経済状況がアベノミクス等により、

復活の兆しがみえてきたところに、2020年東京オリンピック開催が決まり、

人心にも一気に明るさがでてきました。

日本人は、方向性や目標や納期が決まると力を発揮する民族性があると思います。

来年以降も、皆の心を一つにして強い日本を取り戻したいですね。




年の初め、弊社は

「組織・管理体制の強化と、新たな10年ビジョンの策定」

という方針を掲げ、事業に取り組んでまりました。


新人2名と新たなスタッフが加入したのを機に組織を再構築し、

職務の明確化をはかりました。

また、所有物件の管理体制をより密にしました。



そして、

11月に会社設立50周年を迎えるのを記念し、

私が長年かかわっている、「アジア太平洋こども会議in福岡(APCC)」の

25周年記念映画「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」の制作に社を挙げて協力しました。

1月に福岡にて映画の撮影が行われ、7月に完成。

今年の夏の25周年記念事業の中で、秋篠宮眞子内親王殿下をお迎えして

最初の上映会が開催されました。

その後、8月から福岡先行上映を皮切りに全国の劇場で上映されています。



廣田商事の新たな動きとしては、

ibbブランドの新たな施設として昨年より着工していた、

「ibbDb桜坂Launch」が9月末に完成。

入居者もすべて決まり、満室にてスタートを切ることができました。



(株)アイ・ビー・ビーとしては、

4月に「ibb社長塾 チャレンジIPOフォーラム」を初開催。

9月には今年で7回目となった「ib be united party2013」を開催。

多くの方々に集まっていただき、交流や情報交換の場を提供しました。



文中にも書いたように、今年は廣田商事会社設立50周年の年でしたが、

周年の年に見合う充実した一年を送ることができたと感じています。

今年お世話になったすべての皆様に感謝したいと思います。

ありがとうございました。


そして私自身も今年で50歳になりました。

大きな病気や怪我をすることなく、この歳を迎えることができたことを
幸せに思います。 

皆様、そして世の中に感謝いたします。



それでは皆様、よいお年をお迎えください。


廣田 稔

※この記事は、下記URLと重複しています。ご了承ください。
「2013年のアルバム(http://ibbfukuoka.yoka-yoka.jp/e1112890.html)」

Posted by 廣田商事(株)・社長通信 2013.12.31 12:07:28
コメントを読む(0)トラックバックを読む(0) | コメントを書く
<<前の記事 トップページ 次の記事>>

コメント

トラックバック

トラックバックURL: http://ibb.comlog.jp/tb.cgi/1407